白骨温泉 泡の湯旅館
お知らせ 白骨泡の湯への交通アクセス 施設の案内 泡の湯歳時記 四季彩ギャラリー 白骨 泡の湯へのお問合わせ
Awanoyu for English KOREAN
白骨 泡の湯 宿泊予約
白骨風情 白骨 泡の湯 大露天風呂 白骨 泡の湯 貸切露天風呂 白骨 泡の湯 内湯  白骨 泡の湯 客室 お食事

女性でも楽しめる混浴露天風呂の楽しみ方



生まれたては透き通るお湯。乳白色になるわけ。

大地から豊かに湧き出る白骨温泉の湯量は、泡の湯だけでも毎分1700リットル。それは代々受け継いできた「湯宝」。
そしてそのお湯はご存知の通り、特有の「乳白色」「白濁」で知られています。 しかし意外なことに、生まれたての姿は「透明」。
ここではその理由や愉しみ方をご紹介いたします。

 


時間とともに白く濁る、自然の不思議。

お湯の成分が空気中の酸素に触れ、
酸化することにより特有の乳白色に。
さらに太陽光線や湯の温度など、
自然の条件によって表情を変えます。
時にはエメラルドグリーンにキラキラ見えることも。

空気と光の仕業なんです。

「透明」と「乳白」。2つの出会い。

たとえば春先の湯量の変化で タイミングによっては、
生まれたての透明なお湯に出会われて驚かれることも
あるかもしれません。

しかし時間を置いて、表情を変えた乳白色のお湯に
「再会」する愉しみも。自然の中で変幻するお湯の色や
表情をお楽しみいただければ幸いです。

春先の雪解け水


透き通った温泉に戻る瞬間。

温泉は元々地下水がマグマによって温められ湧き出たもの。
つまり地下水の多くなる春先や梅雨は湯量が増え、
当旅館のような、かけ流しの温泉では湯船での滞留時間が
短くなり酸化して乳白色に変わる前に流れていく量が
多くなります。

このため、季節によっては色が透明に近くなることも。
これは天然温泉が水で薄まって起こる現象ではなく、
「生まれたてのお湯」が増えた証拠です。




清掃作業後も、透明な湯になります。

内湯   木々の葉音に包まれる   お食事

| 宿泊予約 | プラン一覧 | 白骨風情 | 大露天風呂 | 貸切露天風呂 | 内湯 | 客室 | お食事 | 交通アクセス | 施設の案内 | 泡の湯歳時記 | 四季彩ギャラリー |
|お知らせプライバシーポリシーお問合せ
白骨温泉風情 泡の湯
〒390-1515 長野県松本市安曇4181(白骨温泉)
ご予約・お問合せ TEL 0263-93-2101
Copyright(C) 2009 awanoyu-ryokan All right reserved